547 ビュー

今週のビットコインの動向は??【2018年10月第1週チャート分析】

こんにちは!!

今週もビットコインのチャート分析をやっていきます。

※初めてお読みになる方は、以下の”はじめに”から読んでいただけると嬉しいです(*´▽`*)

はじめに・・・

私の仮想通貨歴などは、また別の機会にご紹介しますが、通称出川組と呼ばれた昨年12月から参戦し、大きな勉強代を払っている状況です💦

願わくば、年内に再び250万まで上がってほしい。。。

ただ願っているだけでは何にも意味がないので、こうして少しずつチャートの分析を始めて行こうと考えました!

毎週より良い分析記事を書いていくために、大学院生らしく一生懸命勉強していこうと思います。つたない所が多々あるかと思いますが、よろしくお願いします。

参考にする指標について

1週間に一度の分析なので、基本的に、週足と日足を見ていこうと考えています!

指標・分析に使うものとしては、基本的に以下のものを使っていきます。

①移動平均線(=MA)

25日平均線(MA25):オレンジ色
50日平均線(MA50):紫色
99日平均線(MA99):黒色(今週は使っていません)

で表してあります。

②一目雲

チャートに載せてあります。

一目雲とは?という方は、簡単にまとめてみたので、こちらを参考にしてください

③フィボナッチ

23.6%, 38.2%, 50%, 61.8%, 78.6%線をチャートに引いてあります。

④サポートライン・レジスタライン

レジスタライン:赤色の線
サポートライン:緑色の線

をチャートに記入しています。

⑤ビットコインのドミナンス

一週間のドミナンス推移をチャートとは別にみていきます。

ドミナンスとは何ぞや?という方は、こちらを参考にしてください

では、まずは日足から見ていきましょう!

まずは日足から!

※2018年10月4日15:00頃のTradingViewの日足チャートです。

※zaifで起きたハッキングの影響のため、しばらくZaif Trading Viewのチャートは使わないことにしました(´;ω;`)

先週チャート分析では、28日頃までに価格が変動する可能性が高いと宣言しましたが、実際も27日に価格が上昇し、再び一目雲の中に入りました。

しかし、決定的な上昇とはならず、その後は①一目雲の下端付近をヨコヨコする展開が続いていました。

やはり先週引いたレジスタライン(上図桃色)とサポートライン(深緑)はどちらもブレイクしたもののあまり影響がなかったようです。

とはいえ、すぐ下に日足のMA25, 50が控えており、ここ数日は②サポートとして機能していることがわかります。

現状は、上記チャートの9月から続くレジスタライン(オレンジ)のブレイクを試みている状態です。直近では、このオレンジ線をブレイクするかどうかがカギとなりそうです。

先週のチャートにはなかったのですが、④2週間後に一目雲が薄くなるポイントが現れてきました。

個人的にはこのポイントで一目雲を上抜ける可能性が高いとみています。

そのため、短期的にはやや下落目線、中期的にはフラット~やや上目線です。

短期的には上昇トレンド継続中ですが、このまま価格が上がっていく場合は、レジスタラインのある75.5万付近を明確に超えるかどうかが1つ目のポイントで、次にレジスタラインとなった深緑線のある77万円付近を上抜けするかが2つ目のポイントとなります。

逆に価格が下がる場合は、サポートラインとなった桃色線のある72~73万あたりでどのような動きになるか注目です。このサポートを明確に下回った場合、一気に黄緑線のある70万程度まで下落する可能性があるので注意しましょう。

続いて4時間足も!!

※2018年10月4日15:00頃のTradingViewの4時間足チャートです。

※zaifで起きたハッキングの影響のため、

しばらくZaif Trading Viewのチャートは使わないことにしました(´;ω;`)

今週も4時間足を見てみましょう。

先週は一目雲の中でのもみ合いが続いていましたが、①一目雲の上抜けに成功しました。

その後上げ下げはあるものの安定して直近の高値付近を維持しています。

ただ、②73万~75.5万の間は簡単に上下してもおかしくない相場にも見えますので、多少の上下で驚かないようにしましょう!!(´・ω・`)

日足でも述べた通り、直近では③オレンジ色のレジスタラインを越えられるかがポイントとなりそうです。

ビットコインのドミナンスは少し下落気味

9月20日17:00頃のビットコインのドミナンスは、51.9%と、直近の下落傾向は一休みとなった格好です。

ただ、少し前よりは下げていることもあり、再度ドミナンスを上げるためにドレイン現象が起きる可能性がある(=仮想通貨全体の価格が下がるイメージです)と考えています。

色々懸念材料はあるものの、長い目で見ればドミナンスが高い状況に変わりはないので、多少のネガティブファンダが生じた場合でも、ビットコインが下がる代わりにアルトコインが盾となって支える構図が起きやすくなっており、ビットコインの価格が下がりにくくなっています。

来週のビットコインの動向は?

上記の内容を踏まえ、来週までの価格推移予想として3パターンを掲げます。

パターンA:オレンジのレジスタラインをブレークし、78万を目指す展開

パターンB:オレンジのレジスタラインに従ってやや下落(73.5万~75万程度)

パターンC:72万程度まで下落するか

日足のところでもお伝えしましたが、2週間後にオレンジのレジスタラインをブレークして一目雲が薄い部分を狙っていく展開が予想されますので、ここ一週間としてはB,Cに近い形でやや下落しながら進んでいくのではないかと考えています。

※なお、大きなファンダ情報があった場合は、価格変動はこの通りではありませんのでご了承ください<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告